チェコ永住権の取得条件は?ビザ別滞在年数の計算方法と申請書類一覧

チェコ永住権-取得条件、ビザ別滞在年数の計算方法、申請書類一覧

外国に移住する理由は勉強のためや仕事のためなど色々ありますが、外国への完全移住を考える人にとっての最終目的は、移住先での永住権取得ではないでしょうか?
国によっては永住権の取得条件がとても厳しいですが、実はチェコは永住権取得条件が比較的達成しやすい国なのです。

今回の記事では、チェコの永住権を独力で取得するための条件と、申請手続きに必要にな書類について解説します。

ビザや居住権の申請要項・必要書類等は不定期に変更されます。
実際の申請の際には、必ずチェコ内務省の永住権ページをご確認ください。

チェコの永住権取得条件は?

非EU加盟国出身の外国人がチェコで永住権を取得するためには、大きく3つの条件があります。

  • チェコに継続して既定の年数以上滞在している
  • 基礎的なチェコ語スキル(A2レベル以上)がある
  • 毎月一定以上の収入がある

これら3つの条件を満たすことで、チェコの永住権の申請が可能になります。

注意点としては、有効期限が切れる最大3か月前から申請可能な他のビザと異なり、永住権に申請できるのは既定の滞在年数が過ぎてからです。
この滞在年数については、永住権申請までに取得してきた長期滞在ビザ・居住権の種類と期間によって異なるため、自分がいつから永住権に申請できるようになるのか、必ず事前に確認しておきましょう。

チェコ語スキルは永住権取得のためのチェコ語能力試験の合格証、収入は給与明細や確定申告書類などを提出します。
申請費用は2,500czk(約14,000円)。他の各種申請と同様に、申請時に窓口で収入印紙を提出します。
職業や学歴、また高額の資産証明などが永住権取得条件に含まれる国と比べると、チェコの永住権取得条件は比較的簡単な部類と言えるでしょう。

スポンサーリンク

永住権取得でできること・できない事

チェコの永住権は、基本的に10年間有効な就学および就労が可能な長期滞在許可です。

よく誤解されているのですが、チェコの永住権取得によりチェコ国内での就学や就職は自由になりますが、他のEU加盟国で就学・就職する場合は別途その国でビザや滞在許可、就労許可の取得が必須です。
また、他のEU加盟国への滞在は180日間中90日までとなっているため、チェコ国外に90日を超えて滞在する場合もその国でビザや滞在許可を取得しなければなりません。

チェコの保険や年金、社会保障への加入義務が生じるものの、出産休暇や育児休暇、失業保険などの受給が可能になります。逆にチェコのパスポート発行や参政権は認められません
また有効期限もあるので、10年ごとに延長手続きを行う必要があります

また、永住権を所持していても結局は外国人であるため、チェコに滞在する外国人の義務として滞在先住所やパスポート情報、婚姻状況などが変更になった際には、速やかに変更申請をしなければなりません。

チェコ永住権取得に必要な最低継続滞在年数の計算方法

チェコで永住権を取得するには、一定期間チェコに継続して滞在していたという実績が必要です。
この期間は、保持する長期滞在許可の種類によって異なり、具体的には以下の3つに分かれます。

  • 長期滞在許可所持者:5年以上チェコに継続して滞在している
  • EU Blue Card所持者:5年以上EU圏に滞在しており、内2年以上チェコに継続して滞在している
  • チェコ人の家族:2年以上チェコに継続して滞在している

当然と言えば当然ですが、この継続滞在期間中に正当な理由なく長期間チェコやEU圏を離れていた場合、永住権は下りません
長期滞在許可やEU Blue Cardの場合はそもそもビザが取り消される可能性が高いですが、EU市民家族の滞在許可の場合でも、あまり頻繁に帰国していると知らず知らずのうちに合計不在期間が超過してしまう可能性もあるので気をつけてください。

それでは、永住権取得理由ごとの滞在期間条件について、詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

長期滞在許可所持者で5年以上チェコに継続して滞在している

チェコ人と家族関係がなく、何らかの理由でチェコにて長期間滞在した結果として永住権申請に至る場合は、この条件に合致します。
この「チェコに5年以上継続して滞在」という条件ですが、2点注意が必要です。

  • ビザの種類変更は可能だが、新規での申請ではなく長期滞在目的変更申請を行う必要がある
    ≫ 新規で申請した場合、以前のビザの期間は計上されなくなるため、ゼロからやり直しになる
  • 正規留学のための就学 (Study) ビザによる滞在期間は1/2として計上される
    ≫ Studyビザのみで永住権取得を狙う場合、10年以上在学し続けなくてはならない

ただし就学ビザでも非正規留学(語学留学や資格留学)の場合、ビザの種類はOtherであるため滞在期間がそのまま計上されます。
もしチェコでの滞在期間が5年近くなっている、もしくは5年を超えていて永住権の取得を考えるのであれば、外国人警察や移民局のインフォメーションにて、自分の滞在期間を確認してみましょう。

EU Blue Card所持者で2年以上チェコに継続して滞在している

EU Blue Cardは、高度な知識や技術が必要とされている職に就く外国人が取得できる特別な就労ビザです。
通常の就労ビザではチェコ国内でしか就職できないのに対し、EU Blue Cardはチェコ以外のEU加盟国での就職が可能です。
このビザを持っている人は、以下の2つの滞在年数条件を満たせばチェコにて永住権を取得できます。

  • チェコに通算で2年以上滞在している/していたことがある
  • EU Blue Card所持者として継続して5年以上EU加盟国に滞在している

この年数計算にも注意点があり、1つのEU加盟国での滞在期間が18か月に満たない場合、この期間は継続5年に計上されません
つまり1つの国に最低1年半滞在する必要があります。
また、EU Blue Cardを所持し続けなければならないので、転職の際には必ずEU Blue Cardの条件を満たすポジションを選択しなければなりません。

スポンサーリンク

チェコ人と家族関係にあり、2年以上チェコに継続して滞在している

チェコ人パートナーと同棲、もしくは結婚している場合はEU市民の家族としての在留許可を取得できるため、わざわざチェコでの永住権を取得する人は少ないかもしれません。
とはいえ、それでも永住権を取得したい場合は、以下の条件を満たすことで申請が可能となります。

  • 1年以上チェコ人パートナーと同棲・結婚関係にある
  • チェコに2年以上継続して滞在している

EU市民家族としての永住権取得の場合、申請後にパートナーとの関係を確認するための面談や家庭訪問があるかもしれませんので、そのための準備も忘れずしておきましょう。

チェコ永住権申請に必要な書類一覧

永住権の申請ができる日を確認・確定したら、早めに必要な書類を集めはじめましょう。
永住権申請の必要書類は以下のとおりです。

  • 申請書
  • パスポートサイズの写真(2枚)
  • パスポート&保持している長期滞在ビザ
  • 住居の証明
  • チェコ語能力試験の合格証、もしくはチェコ語コースの修了証明書
  • 収入証明
  • 2,500czkの収入印紙

永住権取得の条件を満たしているといれば、これらの書類や手続きについても慣れているでしょう。
ただこの中でチェコ語能力試験の合格証と収入証明については少々独特なので、以下にて詳しく説明します。

≫ 住居の証明については、以下の記事にて詳しく解説しています。

スポンサーリンク

チェコ永住権取得のためのチェコ語能力試験

チェコの永住権を取得するには、一定以上のチェコ語能力があることを証明しなければなりません。
チェコ語スキルの証明には、以下の手段があります。

  • 指定された場所で永住権申請のためのチェコ語の語学能力試験(A2レベル)を受ける
  • 高等教育機関にて1年以上チェコ語のレッスンを受けたことを証明する
  • 過去20年以内にチェコの小・中・高のいずれかに1年以上通っていたことを証明する

ちなみにこの永住権申請のためのチェコ語語学能力試験ですが、初回の試験に限り無料のバウチャーが発行されます。当然ですが、初回の試験に不合格だった場合、2回目以降は自費での受験となります。
詳細や試験の日程については、永住権申請予定の外国人警察・移民局のインフォメーションにてご確認ください。

≫チェコ永住権取得のための語学能力試験については、以下の公式サイトもご確認ください。

基本的にはチェコ語の試験を受けることになりますが、大学付属の語学学校に1年間以上通っていた場合、その終了証が試験の合格証の代わりとなるケースがあります。
実例としてカレル大学付属の語学学校ÚJOPの終了証が、永住権申請の際にチェコ語能力の証明書として受領されました。
もしチェコ語コースを1年以上受けていて終了証を保管しているのなら、試験を受ける前に終了証を証明として使えないか確認してみましょう。
また、永住権取得のためにチェコ語試験を受ける場合、初回のみ内務省が発行するクーポンを使って無料で受験できます。ぜひ有効活用しましょう!

≫ カレル大学付属の語学学校ÚJOPについては以下の記事もご参照ください

スポンサーリンク

チェコ永住権申請のための収入証明

一般的なビザや居住権の申請では、銀行口座の預金残高が一定以上あることを証明する必要があります。
ですが永住権の場合は、銀行の預金残高ではなく、定期的に収入があることを証明しなければなりません。
この収入証明については、どういう形で収入を得ているかによってどんな書類が必要なのかが異なるため、自分の状況に合わせてしっかり確認しましょう。

  • 給与所得者の場合
    ・直近3か月の給与の証明(給料明細、給料証明)
    ・労働契約書
  • 経営者・個人事業者の場合
    ・前年度の確定申告書類
  • 不労所得者の場合
    ・銀行による、最低でも過去6か月以上にわたり、定期的に一定以上の収入があったことの証明

勤め人の場合、基本的には勤めはじめた当初から現在までの労働契約書(更新分含む)を保管しておき、それらをすべて持っていくといいでしょう。
給与の証明については会社に言って過去数か月分の給与証明を発行してもらうのが一番ですが、何らかの理由でそれが難しい場合は、直近数か月分の給与明細を提出しましょう。

スタートアップや個人事業者で前年度分の確定申告を行っていない場合は、不労所得者の場合と同様に、過去半年以上にわたって定期的に一定以上の収入があったことを証明すればいいようです。

≫ 詳細な情報はチェコ内務省の永住権申請者向け資金証明に関するページをご確認ください。

おわりに

チェコで永住権を取得しようという日本人は他の国に比べると少ないですが、全くいないわけではありません。
特に近年はヨーロッパへの移住がちょっとしたブームとなっており、他の国と比べて物価が安くて住みやすいとされるチェコに住みたいと希望する人も増えてきました。

もちろん、5年以上チェコに滞在し続けてからでなければ永住権の申請ができないため、思い立ったからと、すぐに取得はできません。
とはいえ事前に申請に必要な書類や条件についての知識があれば、余裕をもって準備ができます。
永住権が取得できるようになるまでの期間を利用して、自分が本当にずっとチェコに住み続けたいのかを見極めた上で、行動に移すのがベストでしょう。

ヒサノアスカ
アメリカ語学留学、オーストラリア&カナダワーホリ、デンマーク留学ののち、チェコ語学留学から現地採用を経て、5年以上の継続滞在によりチェコ永住権を自力で取得。
現在はプラハでフリーランスとして活動する傍ら、海外移住・旅行情報発信ブログa-h.workおよび当チェコポータルを運営中。