※ コロナウイルス対策としてチェコ政府が緊急事態宣言を発令。最新情報はこちらからまとめ記事をご確認ください。 ※

日本円をチェココルナに両替する最適な方法

日本円をチェココルナに両替する最適な方法

海外での支払いはクレジットカードが一般的になってきているとはいえ、旅行や留学・移住の際には必ずいくらかの現地通貨が必要となります。

チェコはEU加盟国ではありますが、ユーロには加盟していないためチェココルナという独自の通貨を使用しています。
米ドルやユーロなどの主要通貨であれば日本でも両替ができますが、チェココルナが両替できる場所はとても限られています。
そこで出てくる疑問が、どうすれば一番お得に両替ができるのか?ということ。

今回の記事では、日本円からチェココルナへ、よりお得に両替できる方法を紹介します。

日本のキャッシュカードでATMから現金を引き出す

日本の銀行口座と紐づいているキャッシュカードが以下のいずれかに当てはまる場合、現地のATMから直接現地通貨を引き落とすことが可能です。

  • VISAデビットカード
  • Mastercardデビットカード
  • Plusカード

それぞれ対応するマークのついているATMから引き出し、もしくはキャッシングが可能です。
クレジットカード系のデビットカードで引き出す場合はキャッシング(cashing)、Plusカードで引き出す場合は引き出し(withdraw)となるので間違えないように気をつけましょう。

キャッシュカードを使ってATMから引き出す際の注意点は以下の2点。

  • 決済通貨には現地通貨を選択する
  • ATMによっては引き出し手数料がかかる可能性がある
  • 銀行によっては海外キャッシング・海外引き出しに手数料がかかる可能性がある

海外オンラインショッピング(Amazonなど)でもありますが、現地通貨以外のクレジットカード決済やATMでの引き出し・キャッシングをする際、支払い金額や引き出し金額の確認後、どの通貨で請求するのかを選択できる場合があります。
日本のカードで支払い・引き出しをする場合は、日本円でいくらになるというのが明確になるので一見便利に思えますよね。
ですがここで表示される金額には両替手数料やATM利用料が多大に含まれるため、実際のレートと比べるとかなり不利になるケースが多々あるのです。

現地通貨での請求を選んだ場合でも、銀行側で両替手数料が発生しますが、個人的には同じ手数料を支払うのであれば、1度きりしか使わないATMに割高な手数料を支払うよりは、いつもお世話になっている銀行に正当な手数料を支払う方が納得できます。

スポンサーリンク

クレジットカードの海外キャッシングを利用する

お手持ちのキャッシュカードが海外引き出しに対応していない場合、クレジットカードの海外キャッシングを利用することでATMから現金を引き出すことが可能です。
クレジットカードの海外キャッシングにおける注意点は以下の2点。

  • 旅行前に海外キャッシングが利用できること、また限度額を確認しておく
  • キャッシングには利息がかかる

キャッシングは借金の一種であるため、利用日から支払い日までの利息が発生します。
多少手間ではありますが、 利息を最小限に抑える方法として、キャッシング利用直後にクレジットカード会社に連絡をし、速やかに支払いを行うという手段があります。

また、不正利用防止のために海外でのクレジットカード・キャッシング利用を制限されている場合もありますので、出発前にカードの設定を確認し、現地で「使えない!」と慌てることがないように対策しましょう。

現地で現金両替をする

何らかの事情でATMやカードを使用したくない場合、現地で現金両替をすることになります。
両替ショップを利用する際に注意しなければならないのは、両替ショップによってレートが異なったり手数料が発生すること。
中には手数料ナシと謳っておきながら両替レートに組み込む悪徳な両替ショップもあるので、事前にどこのショップがいいのか・悪いのかという口コミを調べておきましょう。

ちなみにプラハでは、eXchangeという両替ショップの評判がいいようです。

他にもプラハの中心地周辺にある良心的な両替商をまとめたマップが紹介されているので、以下のGoogleマイマップもぜひご確認ください。

スポンサーリンク

おわりに

渡航先がどこであれ、より手数料を掛けず現地通貨の現金を入手したいと思うのは当然です。
今回紹介した両替方法はチェココルナに限らず他の通貨にも応用できるので、チェコへの渡航だけでなく、他の国を訪れる際にもぜひ活用してみてくださいね!

ヒサノアスカ
アメリカ語学留学、オーストラリア&カナダワーホリ、デンマーク留学ののち、チェコ語学留学から現地採用を経て、5年以上の継続滞在によりチェコ永住権を自力で取得。
現在はプラハでフリーランスとして活動する傍ら、海外移住・旅行情報発信ブログa-h.workおよび当チェコポータルを運営中。