チェコでのスマートなチップの渡し方

チェコにおけるチップ文化はそこまで浸透しているわけでなく、何らかのサービスを受けた際に心づけとして渡す感じです。
アメリカなどと比べるとチップ率も低めで、渡したからといって次回以降優遇されるようになるわけでもないようです。
とはいえそもそもチップ文化に慣れていないとどれだけ渡せばいいのか、どんなふうに渡せばいいのかよくわかりませんよね。
この記事ではシチュエーションごとのチップの割合とスマートな渡し方を紹介します。

テーブルサービス(レストラン・カフェ・ホスポダ)

チェコのテーブルサービスのレストランやカフェ、ホスポダ(居酒屋)でのチップ率は、5~10%が目安とされていますが、そこまで厳密に計算する必要はありません。
また、アメリカなどではきちんと清算した後にチップを渡したりテーブルに残したりという形が主流ですが、チェコではめったに見かけません。
チェコでのチップの渡し方は他の国とは少し異なり以下のような形でチップを渡すのが主流です。

  • 合計金額より多めに支払ってチップ込みの金額を伝える
    例)合計金額が327czk→400czkを渡して「350czk」と伝える
  • 合計金額より多めに支払ってチップ分を除いたおつりの金額を伝える
    例)合計金額が327czk→400czkを渡して「50czk」と伝える
  • 合計金額より多めに支払っておつりを断る
    例)合計金額が327czk→350czkを渡しておつりを断る

チェコのウエイター・ウエイトレスの愛想のなさは有名ですが、このような形でチップを渡すとレアな笑顔付きの「Thank you」や「Dekuji」がもらえます。
さて、チェコ流のスマートなチップの渡し方を元にした簡単なチップ額の計算方法は以下のとおり。

  • 100czk未満:5czkや10czkに切り上げる
    例)35czk→40czk 72czk→75czkもしくは80czk
  • 100czk以上:一番左の数字を次の位に足し、それ以下は適当に切り上げor切り下げ
    例)135czk→140czkか150czk 278czk→290czkか300czk 579czk→620czkか630czk

サービスの質があまりにも酷かった、という場合はチップは渡さなくてもいいですが、そうでもない限りは最低でも1の位を10の位に切り上げて支払いましょう
また、逆にとても素晴らしいサービスを受けた場合でも、20%を超えるようなチップは逆に断られる可能性があります。
ちなみにクレジットカード払いの場合でも、店員が端末に金額を入力する際にチップ込みの金額を伝えることでチップ込みの代金が支払えるケースが多いです。
とはいえ、チップ抜きの金額でしかクレジットカード払いを受け付けないお店もあります。
その際には、チップをを店員に手渡すか、テーブルに残しましょう。
ちなみに高額のチップを払ったら次回からサービスや店員の愛想が良くなるかというとそんなことはあまりなく、むしろ少額のチップしか払わなくても、定期的に通って常連になり、店員に顔を覚えられて仲良くなる方がいいサービスを受けられるようです。

AdSense広告

カウンターサービス(クラブ・バー・ファストフード)

クラブやバー、ファストフードのカウンターで注文した場合、基本的にチップは払いません。
店員の対応がとても良かった場合は、合計金額の1の位を切り上げる、もしくはおつりの小銭をその場に残す、またカウンターやレジ付近にチップの箱がある場合はそこに小銭を入れる形でチップを渡しましょう。

ホテル

アメリカだけでなく日本でも清掃員や旅館の中居さんへの心づけは文化となっていますが、チェコではこういった心づけは特に必要ありません。
どうしても渡したいのであれば、20czkコインを枕元に置いておく程度で十分です。

AdSense広告

タクシー

タクシーも基本的にチップは必要ないと言われています。
基本的にはただ乗って、目的地に行った場合は不要ですが、大きな荷物をトランクに出し入れする際に手を貸してもらうなどした場合は、多少のチップを渡すべきです。
こういった場合のチップの額も特に決まっていないので、適当に1の位や10の位を切り上げる、もしくはおつりの一部を返すなどすればいいでしょう。

おわりに

チップ文化は国や地域によってそれぞれですが、チェコでは相手から何かをしてもらった時に、料金や代金に多少上乗せして渡すのがスタンダードです。
金額も基本的には1の位を10の位や50単位に切り上げるくらいなので、支払いのたびにいちいち計算する必要もありません。
サービス料としてチップ分を計上しているお店もごく一部あると聞きますが、支払いの前にきちんとレシートを確認する習慣をつけておけばチップの二重支払は避けられるでしょう。
もしこの記事で紹介している以外のケースでチップが必要かどうか、また渡し方についてご質問がありましたら、お気軽にお問い合わせください!

 

ヒサノアスカ
アメリカ語学留学、オーストラリア&カナダワーホリ、デンマーク留学ののち、チェコ語学留学から現地採用を経て5年以上の継続滞在によりチェコ永住権を自力で取得。
現在は海外移住・旅行情報発信ブログa-h.workおよび当チェコポータルを運営。

チェコへの移住・旅行のご相談はこちらからお気軽にご連絡ください!